インプラントと骨との結合具合は正確に判断できます。

ビル

インプラント治療で何より重要なことは、人工歯根を埋め込む骨が、しっかりしているかどうかです。そして、人工歯根と埋め込んだ骨が、しっかり結合しているかどうかです。骨と人工歯根の結合状態を客観的に判断するのは非常に難しく、歯科医の感覚的判断や経過時間を目安に判断している歯科医院があります。しかし、設備が整った歯科医院では、歯の動揺度を数値化して、結合状態を把握できる装置を整えているとこがあります。インプラント治療で、どこの歯科医院にするか迷っている場合は、人工歯根と骨の結合をどうやって判断していますかと歯科医に尋ねてみるのも参考になります。人工歯根と骨がしっかり結合していることが正確に確認できて、次の段階に進むことが出来ます。次は、歯の型どりを行い、仮歯の作成を行います。型どり後、歯科技工士が仮歯となる人工歯を作成します。仮歯を装着して、1週間ほど食事など日常生活を送り様子を見て、最終的な調整を行います。最終調整が終了したら、仮歯を参考にセラミック歯などの上部構造体を作成します。最終のセラミック歯などは、患者の他の歯と色を合わせてり、噛み応えを調整して、インプラント治療は終了となります。

sabu用置換

Menu

最新情報