インプラントについてのメリットと説明

ビル

インプラントは主に虫歯や歯周病によって歯を失った時に金属製の支柱をあごの骨にはめ込んで歯を修復する治療方法のことです。従来の取り外し式の義歯やブリッジに比較をするとメリットとして、機能的で審美的にも優れています。そして周囲の歯を削ったりする必要もありません。そのためこの治療法は一般的な歯科治療方法となってきています。別の呼び方としては口腔インプラント、歯科インプラント、人工歯根などといわれることもあります。治療の流れとして一般的なのはまず、インプラントを骨の中に埋め込んで、骨と金属がしっかりと接着することを待った後にその上に歯を形成していきます。通常半年ほどの期間が必要ですが土台となる骨の状態に応じて別の手術が必要な場合がありますのでその場合は1年ほどかかることもあります。外科手術なので多少の事故や合併症のリスクはありますが、それも症例の難易度や患者自身の土台となる骨の状態により失敗の確率も異なってきます。

sabu用置換

Menu

最新情報